プーケット遊人がお届けする パトンビーチ 各種ツアー ダイビング オススメレストラン スパ&エステ情報


by patonbeach

ガソリンスタンド

b0112027_20243276.jpg
b0112027_20245479.jpg
b0112027_20251513.jpg
プーケット・パトンビーチには日本ではちゃんとしたガソリンスタンドが1つしかない。パトンビーチの北側を走るPhra Barami Roadにあるエッソ。バイクを借りたらココでガソリンを入れるのが、安くてオススメ。ただ、だいたいどこも21時までしか開いていない。

他は、少し値段が上がるが、個人であったり・シェルと言う名(正規料金より高い?!)の簡易ガソリンスタンドがある。最悪夜遅くまでやっていたり、24時間やっているお店もあるのがメリット。

タイは、シェル、エッソ、カルテックス、PTTなどがある。

今現在、一般的なガソリン「95(ガウ・ハー)」は1リットル当たり約30B(100円)ちょっと)。2年半前の津波があったときは18Bだったことを考えると凄い勢いで上がっている。

給油の仕方を伝授

①給油機のそばにバイクを停め、

②係りの人にガソリンの酒類を言う。「95(ガウ・ハー、茶色っぽいガソリン)」「91(ガオ・ヌン、赤っぽいガソリン)」「ディーゼル(チョーラー、軽油)」

③いくら分入れるか言う(満タンは、タイ語で「テム」)。又は何も言わずにその分のお金を渡す。

④お金を払う

タイ・プーケット人の平均月収は、6000B(およそ20,000円)と言われている。日本人のおよそ10分の1と言うことだ・・。

物価が10分の1で、ガソリンの値段が日本とあまり変わらない。石油は世界価格だから当然かもしれないが、あまりにも不公平ではないか。

乗用車は、ディーゼル車が多いので、「95」よりはもうちょっと燃料費が安いが、やはりこちらの物価を考えると高い。燃費の良いバイクを悪い車を持つ意味が問われる・・。

しかし、ココがタイ人の面白い所。ステータスを日本人よりも大事にするので、みんな車を買いたがる。関税がかかり、家と大して変わらない値段である車を長いローンを組んで買う。

そのローンの期間中に壊れたらどうするのだろう??先を見ないタイ人らしい・・。いささか不思議な人種である。

場所:ディーバナリゾートからバイクで8分。Phra Barami Roadビーチからアンダマンダイバーズに向かうと右手にある。

費用:7月16日現在、バイクに使われるガソリン「95」は1リットル当たり約30B

詳しく知りたい方は、いつでも聞いてくださいネ。
[PR]
by patonbeach | 2007-07-18 20:31 | ちょっとアメージング